技術職で派遣から正社員を目指す

派遣はアルバイトと違って、企業の募集に応募して直接雇用契約を結びません。

応募するのは派遣会社で、派遣会社から企業へ派遣されて、派遣先で仕事をします。

派遣先でどのような職務に就くかは、派遣会社に登録する段階である程度の確認を行ってから派遣されますが、実際の仕事の指示などは、派遣先の企業に従います。

派遣に関わる労働者派遣法は変更を重ねているので、適応範囲は拡大傾向にあります。

人手不足が深刻な業種では今後も派遣による就業者の力が必要な場面が増加するのではと言われています。

改正派遣法によれば、「派遣希望者の待遇改善」と共に「正社員への道」もあるとされているので、今後の法改訂次第では、派遣の働き方も大きく変わってくるかもしれません。

京都府を派遣の勤務地として考える場合、どんな業種、どんな職業が存在するのでしょうか。

まず、京都には多くの上場企業があります。

京都府は実際には産業集積地で、工業都市としての側面があります。

観光や伝統文化ももちろん有名ですが、日本を代表するメーカーも多くあります。

派遣会社に登録することで、こうした日本を代表する企業のオフィスで仕事をすることも可能です。

エンジニア派遣などを利用して、スキルを活かした派遣スタッフとして正社員雇用までの期間、仕事をするのもいいでしょう。

エンジニア派遣業者の中には、特定派遣として正社員扱いで社員をとる会社もあります。

ボーナスが出ることなど、一般的な派遣とは違った安定した状態で仕事ができます。

派遣社員の仕事の仕方が多様化して、従来の就業状態とは変わってきているのがわかります。